ウェディングドレス、結婚式の衣裳選びのポイント|結婚準備

ウェディングドレス、衣裳選びのポイント

衣裳選び

■ 素敵な衣裳で華麗に変身して

結婚式場、披露宴会場が決まったら、衣装を決めましょう。

希望のデザイン・サイズを確保するためには、早めのスタートが必要です。
時期としては5~4ヶ月前に情報収集をスタート。

会場の衣装室はもちろん、雑誌やインターネットのサイトなどをチェックし、気に入った物が見つかったら連絡を。
突然行っても試着不可能な場合もあるので、必ず試着の予約を入れます。

そして、3ヶ月前、遅くとも2ヶ月前には決定しましょう。

自分が着たいと思うものと似合うもの、会場で映えるものとは違うことがあります。
衣装合わせの際には、一緒に行く人やプロの意見にも耳を傾けたいもの。
プロには会場の雰囲気まで伝えれば、それに合った衣装をアドバイスしてくれるはずです。

メインの衣装が決まってはじめて小物選びもできます。
必要は小物は、洋装なら、靴、ブーケ、ヘアドレス、アクセサリーなど。
和装なら、髪飾り、ぞうりなど。

トータルコーディネイトしなければならないグッズはたくさんあるので、衣装が決まった段階でリストアップしましょう。

式の1ヶ月前にはフィッティングをおこないます。
その後はボディサイズが変わらないように気をつけましょう。

妊娠中の方は、サイズが変わりやすいうえ、その変化の予測もつきにくいので必ず7~10日前に
最終フィッティングをおこないたいものです。

■ ウェディングドレス

夢にまで見ていたウェディングドレス。選ぶのは楽しいですが、迷いはじめるとキリがありません。

プリンセスライン、Aライン、スレンダーライン、マーメイドライン・・・。
デザインだけでなく、素材や色も数多くあります。

キュート、スタイリッシュ、大人っぽくなど、イメージも描いてみましょう。
小柄な人に映えるドレス、長身に似合うドレスなどもあるので、ぜひ、身長や体型に合ったタイプを選びたいものです。

また、カラードレスの場合は、顔映りのよい色を選びたいもの。
ピンクといっても、パステルピンク、サーモンピンク、ローズピンクなど、ニュアンスは様々で、
その人によって似合う色=パーソナルカラーがあります。
試着の際は必ずデザインやサイズだけでなく、顔映りもしっかりチェックして決めましょう。

また、演出したいイメージによって色を選ぶという手法も。会場の雰囲気なども考慮に入れたいものです。

ぴったりのサイズを選ぶのは当然ですが、好みのドレスにサイズがない場合、デザイン優先で無理をする方も。
これはタブーです。

挙式当日までに絶対ダイエットすると心に決め、少しきつめの衣装をセレクトしたものの、
当日、ダイエットできずにドレスがパンパンというのは実際にあるお話。
式までの期間は多忙なため、体長管理は難しいもの。無理は禁物です。

■ 白無垢

従来の白無垢(白打掛)や色打掛だけではなく、最近はスタイルが以前と違って多様化しています。

ドレス感覚で着られるオーガンジー素材の打掛にすれば、ドレスと同じようなヘアスタイルに
生花のブーケなども楽しめ、爽やかでキュートな印象。

「こんな和装があるんだったら着てみたかった」という声も聞くので、ぜひ和装の試着もしてみましょう。

和装の試着というと大変そうに思えるかもしれませんが、実は、ドレスよりも簡単。
掛下という打掛の下に着る着物を着れば、あとは打掛の掛け変えだけです。

人気のスタイルは、おからげをせず、裾を引いた振袖、お引き。
特に人気の高い黒のお引きは、江戸後期から昭和初期頃まで、式服として最も一般的だったスタイル。
武家の婚礼衣装として用いられていただけあって、クラシカルで凜とした姿になります。
きっと、ゲストもビックリです。

ウェディングドレスでの教会式のあと、スタイルチェンジでカラードレスというのが一般的なので、
紋付袴の新郎と和装の新婦が再入場すると、かなりのサプライズのよう。
「わぁ~」という歓声に包まれての入場となるケースが多いので、新鮮さを狙うならおすすめです。

■ 小物

まずは靴。
夕方足がむくみやすいという人は、式が夕方~夜という場合なら、同じような時間に試してサイズを決めたいもの。
むくみやすいからと大きめを選び、結局大きすぎてしまったなんてこともあります。
ぴったりサイズが鉄則。

また、履きなれない高さのハイヒールもトラブルのもと。
1日を無理なく過ごせるよう、素敵な姿でいられるよう、靴を選びたいものです。

和装の場合、注意したいのが履きなれない足袋。指がつってしまう人もいるくらいです。
当日、新品を履くのではなく、一度自宅で履いて洗濯をし、生地を柔らかくしておけば防止できます。
一度洗うだけでも履き心地が違うので、当日までに準備しておきましょう。

なお、寒い季節にクルージングやガーデンでのパーティをする場合は、ドレスに合うショールなど、
防寒グッズを用意しておくこともお忘れなく。

「Relie(レリィ)」とは?

Relie(レリィ)は、数多くの先輩花嫁の意見や皆様のアンケートをもとに、
感謝や感動が伝わるブライダルサイトを作りたいという想いから誕生した『結婚式場検索サイト』です。

↓まずはこちらから会員登録をお願いします↓

会員登録(無料)はこちら
お祝い金【Relie(レリィ)】
お祝い金【Relie(レリィ)】
まずは会員登録(無料)
会員登録済みの方はこちらからログイン
ログイン
レリィで結婚式場を決めると
お祝い金最大10万円もらえる!
レリィから式場を決定する
挙式後、アンケートに答える
最大10万円プレゼント!
  • 結婚式二次会
  • 和婚
結婚式場へのご見学・資料請求など、お気軽にお問い合わせください。「ウェディングデスク」 03-3293-4911
【Relie(レリィ)】モバイル
携帯で結婚式場探し、ブライダルフェア・見学予約、資料請求が簡単に行えます♪
http://www.relie-wedding.com/

Relie編集部が結婚式場や新着フェアの情報をリアルタイムに発信中!お得な情報をイチ早くGETしよう☆

>つぶやきをフォロー